統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

呼吸法で防ぐ   耳や脳以外の肉体に、意識を向ける  抵抗するものは、はびこる

私の経験ですが、

 

幻聴は、

 

息を吸うときに、

 

明らかに多い、

 

ように感じます。

 

息を止めているとき、

吐いているとき、

 

には、

 

比較的、少ない、

 

ように、感じます。

 

呼吸に関しては、

太極拳の記事で前述しましたが、

 

aj888.hatenablog.com

 

ゆっくりな呼吸は、

リラックスを生みます。

 

ですので、

 

ゆっくり呼吸をすること、

をおススメします。

 

 

私がやっている呼吸法として、

 

丹田式呼吸法、

 

というのがあります。

 

7秒かけて、吸い、

7秒かけて、止め、

7秒かけて、吐く、

 

吐くときは出来れば、

「ンー」と言って吐いていく、

 

それを繰り返していく、

 

というものです。

 

おへその下10センチほどのところに、

 

丹田

 

と呼ばれる場所があります。

 

そこを意識しながら、やると良いです。

 

また、

 

止める、

 

というのがポイントです。

 

 

普段、

普通に生活をしていると、

 

呼吸を止める、

 

ということはまずない、

 

と思います。

 

というより、

呼吸に意識がいっていませんよね^^

 

統失において、

 

呼吸、

 

とても大事になってくる、

 

そう感じます。

 

 

耳や脳以外の肉体に、意識を向ける

 

 

幻聴が聴こえていると、

やはり、耳と脳に意識が集中するように思います。

 

耳のあたりの側頭葉が活性化している、

 

そういう感覚を抱きます。

 

頭にばかり意識がいってしまいますよね。

 

そこで、

 

それをなるべく、

身体のほかの部位へ移していく、

 

ということが大切になってくると感じます。

 

そういう意味でも運動は大切になってくると思います。

 

 

抵抗するものは、はびこる

 

 

あなたが抵抗しているものは、

 

蔓延していきます、

 

 

嫌なものに抵抗していると、

 

嫌なものが蔓延していきます、

 

 

という意味だと思います。

 

 

カール・グスタフユングの名言です。

 

ユングはスイス出身の精神科医であり、

 

また統合失調症が疑われる著名人でもあります。

 

 

そんなユングが残した名言は、

 

幻聴にも当てはまる、

 

そう思っています。

 

というより、

 

もともと幻聴を元にして言ったことではないか、

 

とも思うのです。

 

「幻聴に抵抗すると、幻聴がはびこる」

 

私はこう捉えました。

 

幻聴に対して抵抗すると、

うまくいきません。

 

というよりどんどん増えてしまう、

 

そんな感じさえするのです。

 

 

やはり流すのが一番だと思います。

これは慣れの部分が大きいと思います。

 

悪口に対し、最初はうるさい、とかいうのも良いと思います。

それで消える場合もあります。

 

ですが、

 

いちいち相手にしていては、

幻聴の思うツボである、

 

と思います。

 

相手をしてしまうと、

 

声の世界に持っていかれて、

 

ずっとその状態が続けば、

 

本当にはびこります。

 

 

そういう時は、

対処法を思い出して欲しいと思います。