統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

静寂な思考ほど尊いものはない

静寂な思考ほど尊いものはない、

統失になって、それを思いました。

幻聴によって、

騒がしい、
喧騒の思考になり、

静かで落ち着いた、
静寂な思考ができない、

そういう人が少なからずいる、
と思います。

わたしも調子のわるいときは、
そういうことがよくありました。


症状にもよりますが、
声が混在している中での思考は、

思考の連続性が定かではない、

と思います。


なにかを考えて、
声にもっていかれて、

また

なにかを考えて、
声にもっていかれて、

というような具合だったり、

そもそも幻聴ばかりが聴こえて、
思考すらできないことも多々ありました。


幻聴の経験がない人は、

話を聞きながら、
同時に別の思考をすること、を思い浮かべてほしいです。

とても難しいですよね。


また、


状態をさらに正確に言うとすると、

静寂で自然な思考ほど尊いものはない、

とも思います。

“自然”という部分を付け加えたのは、
薬の副作用によるものです。

脳内伝達物質をいじる薬であるがゆえに、

どうしても自然な思考になりづらい、

そういうときがあるように感じます。


静寂で自然な思考ができているとき、

というのはとても幸せなことなんだな、

と統失になって、感じました。