統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

発症から病院に行くまでの経緯(その3)(その4)

発症から病院に行くまでの経緯(その3)

そんな状態で入社式を迎えた。

会社に入っても続いた。
いきなり、陰口の嵐。

同期、人事、先輩、役員・・・
いろんな人の陰口が聴こえていた。

しかし、表面上は普通に接してきた。

それがまたつらかったし、腹立たしかった。

毎日ランニングをしていたのと、
それなりに幻聴に対抗してきたこともあり、

気が強くなっていた。


こんな性格わるいやつら集めてどんな会社だよ!

人をいじめて使っている会社だ。

辞めよう!

おれには合わない。

3日行って、辞めた。


この3日行って辞めた、
というのがまた、そのあとの就職活動を大変にした。

とにかく受からない。
そのときにはもう街中で悪口を言われ始めていた。



面接会場へ向かうまで、

歩く人一人ひとりに

悪口を言われ続けた。

東京だったので、かなりの数ではあった。

「死ね」
「殺すぞ」
「かっこつけんな」
「調子のんなよ」

どんだけいじめられているんだ?
これはやばい。さすがに。

何かされている。

朝全力で走って、なんとか家を出る。

悪口!
悪口!
悪口!
悪口!

雨!

嵐!

街が苦労に見えた。

でも、
これを乗り越えたら、おれは大物になれる、
そんな気がしていた。




「いまだけだろ」
「どんだけおれのこと知ってんだ」
「暇だな」

そんな想いを抱きながら、
過ごしていた。

しかし、声がやむことはなかった。

また毎日の全力のランニングがたたったのか、
脚の靭帯を切ってしまっていた。

走れなくなったのが、またつらかった。

そんななか内定が決まりそうな会社が出てきた。
規模は小さいが、堅実経営の良い会社だと感じていた。

声はうるさく、そして怖く、とにかく大変だったが、

日本でいう社会人のスタートにやっと立てる、

そう思っていた。

すると、

自宅から連絡が入った。

「母が、末期がんだ。」

「帰省してくれ。」

とのことだった。

これはショックが隠し切れなかった。

「マジかよ・・・」

地元に帰省し、
あと余命が半年とのことだった。

「本人には伝えないように。」

とのことだった。


母はとくに変わりはなく、いつも通りだった。

「おれはほんとうに大馬鹿だな。」

そう思った。


就職活動は、
進んでいたその会社で内定をもらって、

看病のため、少し入社を遅らせてもらっていた。

だが、自分の方の病状は進んでいた。



発症から病院に行くまでの経緯(その4)

相変わらず
東京に戻ると、悪口の嵐だった。

さすがに
メンタルも母のことで
疲れていたのもあった。

それまでは家では休めていたのが、

風呂場の換気扇から声が聴こえてきた。

自分の悪口だ。
上の階の人が自分の悪口を言っている。

それにより家の中でも休めなくなってきた。

さらに、
いつのまにか、
部屋の中に盗聴器や監視カメラが仕掛けられていて、

部屋を中継されている、

そんな状況に陥った。


もう耐えるしかなかった、

これはやばい、

外へ出れば、悪口、人から狙われている、そういう状態、

中にいれば、盗聴、監視。

とにかく切迫感がすごすぎた。

これは警察に連絡するしかない、

発症から1年が経っていた。


警察へ連絡した。

しかし、
全然相手にされなかった。

これはやばい、やばすぎる。

おれは殺られる・・・

隣の人に助けを求めよう、

そう思って部屋を出ようとしていた。


何時間経ったかわからない。
もう時間の感覚などなかった。


そんな状態でしばらくすると、
インターホンが鳴った。

「誰だ?」

もう異様な感覚だ。

のぞき穴を見る。

父だった。

部屋に入ってもらい、少し話を聞いた。

「警察から連絡があった。」という。


そのまま地元へ強制送還された。




帰る途中も、5,6人の話声がずっと聴こえていた。

なんとか家に逃げ込み、母に会った。

なんだか母を狙うようなことを言っていたので、
母を守っていたことを思い出す。


次の日、脳外科に連れて行かれた。

そこから精神病院へ連れて行かれた。


精神病院の先生と話をして、
いきなり

障がい者手帳をとりましょう!」

そう言われた。

これはまた、ショックだった。

もちろん、病状の自覚などなかったのだが、

障がい者をいきなり宣告されたのが、ショックだった。

おそらく入院3か月、

そういう話だった。

しかし、

父が
母の看病が優先、ということで、

入院はせず、
病院を母の病院に転院して、

そこで母の看病をすることになった。


看病する、もなにもなかった。

薬の強烈な副作用と、残る幻聴で、

ただただ、寄り添うしかなかった。


もう母も抗がん剤を投与し、
だいぶやせ細っていた。

「なんであなたが(精神病になるの)!」

そういわれた。

返す言葉がなかった。

おれにもわけがわからなかった。