統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

自分と向き合う

自分と向き合う、

という作業が

統合失調症を改善する過程において、
良いと思っています。

結局、

病気を治すのは
自分自身であり、

自分の根幹に向き合わないと、

高い意味での寛解は難しく、

もっと言うと

人生は良くはなっていかない、

とも思っています。

 

自分と本気で向き合う、

これはつらい地味な作業です。

自分自身と向き合う、
というのは

深い意味では、
人間を受け容れる、

ということになる、と思います。

いやな部分にもたくさん気付き、
受け容れていかなきゃいけない、

でも、

それは人間だから、
当然ですよね。

どんなに健康で、
良い人であっても、
卑しい部分はあります。

周りにそういう人がいるなら、

自分自身のそういう部分を
どうやって受け容れてみるか、

聞いてみるのも良い、
と思います。

 

それが受け容れられるようになれば、

楽しくなってくる、

そう感じます。

自分と向き合うということは

人生において、
とても価値が高いことでもあるからです。

そして、これには終わりがなく、
一生やり続けることのできることでもあります。

いろんな自分を知っていく、

ということは、

自分が変わっていくことでもあり、

とても楽しいことでもあります。

わたしもまだまだですが、
やっと自分と向き合うことが
楽しくなってきたところでもあります。

自分と向き合う、
おススメな作業です!