統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

愛の力

愛の力


かの相対性理論で有名な、
アルバート・アインシュタイン

娘に宛てた1400通の手紙の中で、

愛こそが存在する最大の力である、

と記しています。

アインシュタインのような天才であり、
科学者でありながら、

こういうことを残しています。

これは、統合失調症だけでなく、
難病全般、病気全般にあてはまることだと思いますが、

愛、この力、このエネルギーは

病気をも治してしまう、良くしてしまう、

そういう力があるということだと思います。


また、

これは適切な環境という意味において、
とてつもない意味を持ちます。

親、パートナー、子、友達などの愛。

ここが環境の根幹となると思います。

なかでも、
一番大きな意味を持ち、力を持つのは、

同居をしている家族だと思います。

家族がきちんとした愛を持って接し、
本人が良くなるよう導くことができれば、

高い意味での寛解は見込めると思います。

身近な人の愛、

とても重要だと思います。


ですが、これは本人ではなく、
他人事(ひとごと)であり、

どうしても変えられるものではありません。

とてつもなく大きな意味を持つが、
ゆえに依存というマイナス要因も働く、と思います。

また、自己解決が難しい点でもあります。


もちろんなくても、高い寛解はできます。

依存などの甘えの許されない環境下では、
これから生活するうえでは自立する必要があり、

やらざるを得ない環境だということです。

そういうものは覚悟を生み、高いコミットメントをもたらす、
そう思います。

自立が成し得たとき、

それは自分がやり遂げた、

という自負が、

これからのあなたの将来を支えてくれるだろう、

それは適切な自己愛である、

そう思います。

愛の力、両方備われば、寛解どうこうより、
人生が間違いなく充実すると思います。