統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

鬼束ちひろ「月光」は統合失調症の曲?

日本のシンガーソングライターの
鬼束ちひろさん、

の有名な曲に、

「月光」

があります。

ドラマ「トリック」のエンディング曲でヒットした名曲です。

www.youtube.com



この曲ですが、

私は、

統合失調症の曲」

そのように感じています。

歌詞を見てみると、
統合失調症っぽいのです。



早速ですが、

歌詞を追っていきたいと思います。


前後しますが、
先に2番の歌詞を見ます。

「効かない薬ばかり転がってるけど
 ここに声もないのに
 一体何を信じれば?」

とあります。

これは

統合失調症の陽性症状の
幻聴に対する苦しみ、

を書いたのではないか、

と思います。

薬はいろいろと試したけれど、
幻聴は消えない、

一体何が本当なのか?
声はニセモノなの?

そんな感じを受けました。

この歌詞から、

鬼束ちひろさんは、統合失調症

と感じました。


「I am GOD'S CHILD」

冒頭でいきなりですが、

私は神の子、

です。


おそらく幻聴が聴こえることを、

神の子と表現しているのだ、

と思います。

これは

統失に向けたメッセージではないでしょうか?


「こんなもののために
 生まれたんじゃない」

こんなもの、

というのは

幻聴のこと、

だと感じます。

幻聴を聞くために、
幻聴に支配されるために、

生まれたんじゃない、

そんな感じを受けました。


「「理由」をもっと喋り続けて
 私が眠れるまで」

幻聴がずっと何かの理由を言っている、
そんな感じを受けます。


「哀しい音は背中に爪跡をつけて」

幻聴がなにか悪いことを吹き込んでいる、
そんな感じを受けました。



「心を明け渡したままで、
 貴方の感覚だけが散らばって、
 私はまだ上手に片付けられずに」


貴方とは、
これも幻聴のことかなと感じています。


幻聴に心を明け渡し、

幻聴の感覚だけが散らばって、

それをうまく整理できない、

うまくコントロールできない、

そんな苦しみを書いているように感じます。


「最後に手をのばさないで
 貴方なら救い出して
 
 私を静寂から」


幻聴によって静寂から救い出される、


これは皮肉のようにも感じますし、

この世界より、幻聴の方がまし、

そう感じた出来事があったのかもしれません。

もしくは、

静寂=死と表現しているのかもしれません。


「How do I live on such a field?」

私はこんな荒野(腐敗した世界)でどうやって生き続けるのだろう?

そう解釈します。


私はこんな感じで
解釈しました。

正直、
かなり統失寄りの解釈だと思います。
※幻聴を連発してすみませんm(_ _)m

この曲、貴方ならどう解釈しますか?