統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

非行動の要因

非行動の要因

 

ストレス(A)があると、

ストレスがかかる行動(B)は取りづらくなる、

 

そう思います。

 

 

A+B>自分の負荷 

 

となってしまうと行動できない、

 

つまり行動力が落ちる、

Bより軽い負荷のものしかできなくなる)

 

だから、

 

ストレスは発散する必要があるのだと思います。

 

A、つまり今抱えているストレス、に気づくこと、

 

そして、

 

発散すること、が大事だと思います。

 

 

個人的に両方を行えるのが、

書くことではないか、と思っています。

 

ストレスになっていることを書き続けることで、

 

ストレス発散にもなりますし、

ストレスの根本原因も見えてきたりします。

 

こころの問題だけでなく、

肉体的なストレスも書いてみると良い、

 

と思います。

 

 

書くことばかり推していますが、

 

書くことが苦手であれば、

誰かに話を聞いてもらうのが良い、

 

です。

 

身近で聞いてもらえる人がいなければ、

 

お住いの地域に福祉サービス等で

無料相談機関があると思います。

 

そういったところで話を聞いてもらうのも手です。

 

ただ依存には注意する必要がありますし、

 

相手ありきの話ですので、

相手の都合もあり、

 

自分が必要なときに、

話を聞いてくれるとは限りません。

 

ですので、

一人でもできる、

 

書くことを勧めています。