統合失調症を超えるとき

統合失調症の改善・克服のためのブログです。よろしくお願いします。

薬をうつ、ではなく、こころをうつ 非行動の要因

うつっぽくなったら、

 

薬をうつ、

 

ではなく、

 

こころをうつ、

 

モノをとる必要がある。

 

 

個人的に

うつっぽくなることは

 

やはり病気の薬の影響か、

また、陰性の症状か、

 

ある。

 

そういうときは

 

薬ではなく、

 

こころに響くモノ

 

を見たり、聴いたり

感じたりしている。

 

自分の場合、

そういうとき

 

なんとか

美術館や良い雰囲気のカフェなどに行ってみる。

 

また、

 

書を書いているので、

 

書の世界、

つまり美の世界に身を置いたりする。

 

 

外へ出るのがつらいのであれば、

 

やはり

動画や音楽、本など

 

なんでもいいから

 

美の世界に身を置くことだろう。

 

そこに触れ続けることで、

気持ちが少し上がってくる、

 

その

少しの上がりが、

少しの行動を生み出す。

 

そうやって生きつないでいく。

 

 

そういう時期が、

 

統合失調症にはあると思う。

 

 

うつの人もそうかもしれない。

 

ちょっとでも良くなる、

 

そういう

こころをうつモノ

 

 

それを大事にしてほしい。

 

 

それはきっと

 

こころの処方箋になるから。

 

 

 

音楽や写真、

 

そういうものは持ち歩ける。

 

状態が

落ち気味のとき、

 

そういう

こころをうつモノ

 

を持っていると

 

こころ強い。

 

 

 

人間は支えられている。

 

そう

そういうこころをうつモノに。

 

 

 

非行動の要因

 

ストレス(A)があると、

ストレスがかかる行動(B)は取りづらくなる、

 

そう思う。

 

 

A+B>自分の負荷 

 

となってしまうと行動できない、

 

つまり行動力が落ちる、

Bより軽い負荷のものしかできなくなる)

 

だから、

 

ストレスは発散する必要があるのだと思う。

 

A、つまり今抱えているストレス、に気づくこと、

 

そして、

 

発散すること、が大事だと思う。

 

 

個人的に両方を行えるのが、

書くことではないか、と思っている

 

ストレスになっていることを書き続けることで、

 

ストレス発散にもなるし、

ストレスの根本原因も見えてきたりする。

 

こころの問題だけでなく、

肉体的なストレスも書いてみると良い、

 

と思う。

 

 

書くことばかり推しているが、

 

書くことが苦手であれば、

誰かに話を聞いてもらうのが良い、

 

と思う。

 

身近で聞いてもらえる人がいなければ、

 

お住いの地域に福祉サービス等で

無料相談機関があるはずだ。

 

そういったところで話を聞いてもらうのも手だ。

 

ただ依存には注意する必要があり、

 

相手ありきの話なので、

相手の都合もあり、

 

自分が必要なときに、

話を聞いてくれるとは限らない。

 

なので、

一人でもできる、

 

書くことを勧めている。